意外?な名品 TNI ハイポリッシュフロアポンプ

永年、本当に長い間、自転車乗りの空気入れはSILCAと決まっていました。
ロードをやる人も、トラックをやる人も、クロスやクロカンをやる人も、
SILCAのピスタかスーパーピスタを持っていなければ「じゃあSKS?パナ?」と
代替品も決まっているかのような空気でした。

とは言え、一定以上の性能と耐久性が約束され、
歴史があって評判も良く、補修部品が手に入れやすいとなれば
同等品やライバル製品があるのを知りながらも、
ポンプの代名詞がSILCAになるのは当然だとも言えました。
私も私物のフロアポンプは15年程前に買ったスーパーピスタです。

そんなSILCAは2年前買収に合い、
現在は趣味性の高い5万円程の高級機種しかフロアポンプを作らなくなってしまい
日常使用のための高性能ポンプというのは代名詞が無くなってしまったのです。

もちろんどんなメーカーだって8000〜10000円位の価格帯を見れば
高性能であることは間違いないのですが、何しろいきなり代名詞・トップ1の製品が無くなってしまい
いい意味で群雄割拠ではありますが、売る側も買う側もどれにしていいのか
基準が散らばってしまった側面があります。

さて、長いマクラでした。
そんな中でパンダーニが紹介する新定番フロアポンプは
IMG_0038TNI ハイポリッシュフロアポンプ 7,581円(税込)
おや?TNI?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが
単に高性能だけを追求すると10000円越えのポンプになってしまうので
あえて少し安めの価格帯(以前はさらに安かったのですが)から高性能・お買い得と言える所を選んでみました。

IMG_0039240psiまで入れられる?
トラックでも200psi入れられるタイヤがわずかにあって、それ以上はドライヤーかと思いますが。

IMG_0041口金は縦カムで仏・英式対応。米式はパッキンを裏返して対応します。
ここも半端にプラパーツを使ったりしていないのでなかなか耐久性があります。

IMG_0043シャフトの太さがポイント。ここで安定感とポンピング作業の軽快感につながります。

IMG_0044脚もしっかり広がっていて厚みがあり、小柄な方や腕力に自身が無い方も安定・安心して作業できます。

なのにアルミ製でとっても軽量!
「入れやすさは大きさ/重さ/長さ!」と昔から言われてきて、
今もそのロジックに則って高性能なポンプが多い中、まさかの軽さです。
意外なダークホースでもあり、隠れた名品として高評価をする方は以前からいらっしゃいました。

今すぐ買い替えの予定の無い方も是非お手に取って、一度ご覧下さい。

カテゴリー: Bike

こんな色も来ました KASK Protone

先日、入荷のご案内したばかりのKASK Protoneですが
またまた色違いが入荷です。気まぐれ入荷ですね。

IMG_0030Kask Protone WH/BL 33,048円(税込)
今回はLサイズのみです。

IMG_0031なかなか爽やかな印象ですね。

IMG_0032白の比率が多いですが安っぽい感じはありません。
微妙な面の変化をつけたトップモデルのデザインは、淡色でもしっかり伝わります。

IMG_0033MサイズとLサイズを並べてみました(左がL)。
Mはしっかりと小振りになっていて、野暮ったくありません。
Lは後ろ側にふくらみが大きく、細身のヘルメットでは合わせづらかった方も
「意外といけるじゃない!」となる嬉しいパターンが期待できます。

他のカラー・サイズも一部ですが代理店にありますので取り寄せ可能です。
WEBショップでも販売しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー: Bike

KASK Protone Lサイズ入荷!

Mサイズだけがやけに早く入荷し、
「Lサイズも見たいな〜、試したいな〜」との声に頭を下げるばかりでしたが
来ましたよ!Lサイズが!

IMG_9781Kask Protone BK/WH BL 33,048円(税込)
BK/WHとBLの2色でMとLのサイズ比較をしていただけます。

他のカラー・サイズも一部ですが代理店にありますので取り寄せ可能です。
WEBショップでも販売しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー: Bike

さあ、合い言葉は15℃で。

だいぶ涼しくなってきましたね。
さすがに指有りグローブとオーバーソックスを用意しました。
念のため、冬用のインナーもすぐ使えるようにタンスを整理しました。

出勤時は暖かいので、夏のジャージにアームウォーマーとニーウォーマー位で
手袋も無しで乗ってしまいます。
帰宅時はここにベスト、指有りグローブ、オーバーソックスを足します。
いい加減に薄長袖ジャージでもいいのかなというのが私の体感です。
昼間は日差しがありますが、早朝練や通勤などで夜走る場合は
少し大げさなくらいの装備でもいいと思います。

さて、今週の天気予報を眺めると、
最高気温が20℃前後、最低が15℃辺りを上下するようです。

種類は多々あれど、一般的に「冬用」ジャージをいつから着るかと聞かれると
「だいたい15℃が目安です」と答えます。
まだ最低気温ですから、冬用ジャージを着る訳ではありませんが
冬用ジャージでいい位の天気や時間帯に出くわすかもしれない、と覚悟して
すぐ使えるように用意する、買っておく準備期間のラストスパートという感じです。

なぜ15℃を目安にするかと言うと、
東京の最高気温が15℃を切るのが11月中〜後半で、コートの登場回数が増える時期です。
昼間でも暖かい時間が短くなり、北風を防ぐ必要が出てきて
「いくら懸命にペダルをこいでも体が温まらない」事への対策が必要になります。
これは一番辛い!必死に体を動かしても温まらずにますます冷えてくる悪循環・・・。

避けるには当然、厚みのある長袖のインナーや、防風性のあるジャージ、体の末端や隙間が露出しないための小物などですね。
もちろんその頃の最低気温は一桁台に入ってきますから、
寒さが得意でない方は「真冬用」や「厳寒用」などさらに重装備に切り替える用意も始まります。

もちろん個人差はあるでしょうが、買い物としてもこの準備期間に動いておかないと
本当に必要な時期にはハイシーズンで、商品数自体は増えますが
サイズや色が売り切れで選べない可能性もあります。

今すぐ購入!とは申しませんが、
ジャージは足りているか、グローブやシューズカバーが傷んだりしてないか、
タンスの奥底に埋もれて出しにくくないか、チェックしていただいて
買い足し・買い替えがあればもちろん、そのご相談でもお気軽にご来店下さい。

カテゴリー: Bike

カーボンホイールにしてみませんか?

IMG_0018久しぶりにホイール棚が満席に。

IMG_0019今まであまり見なかったロゴが。

IMG_0020TNI ROAD 完組カーボンホイール 50 F&Rセット 100,000円(税込)
「カーボンホイールは欲しいけど、高価な物が多くてちょっと踏ん切りがつかない」そんな方も多いかと思うので、
(フルカーボンにしては)手頃な価格のものを用意してみました。
フロントは18H(580g)、リアは24H(770g)とスペックはなかなか優秀です。
ブレーキシューのみ付属です。クイックは別途ご用意下さい。

IMG_0021奇麗なリムですね。

IMG_0023EVOライトハブ。

IMG_0024リム、ハブ共に定評のあるメーカー(工場)の物を使用しており、スポークはSAPIMを使用。
代理店が自社で組み立てているので、仕上がりも丁寧です。

フルカーボンリムやチューブラータイヤについて、「雑誌やネット、チームの速い人も良いというけどどうなんだろう」などと
一度でも思った事のあるそこの貴方!チャンスではないですか?
タイヤ選びや、扱い方などに付いてもお気軽にお問い合わせ下さい。WEBショップでも販売しております。

カテゴリー: Bike