秘密基地の椅子製作(実技編)

 

すっかり3日ほど避暑して富士山に避難しておりました。

おかげでチープでIKEAなスツール完成しました!!パチパチッ!!!

『Pandaniスタッフで作る素人スツール10脚大作戦!』の実技編です。

さて、特に技術や経験があるわけでも無く、単に節約しながらソコソコ使える物作りができれば良いのですが、とくかく数が多いです。20脚を2こ1にして10脚製作するのですが、材料となるIKEAのFROSTAが事務所に届いて開梱すると、天板20枚、脚80本、ネジ160本が入っていました。このうちネジ160本は使い道がないのでもったいないけど廃棄。この他ボクらが集めた材料が

1、布両面テープ(生地の仮止めや補強用)

2、表面生地(事務所にあった製品の残り布など)

3、木工用ボンド(脚の接着用)

4、クランプ(脚の接着固定用)

5、ペンキ

6、ペイントスプレー

7、クリアスプレー

8、紙やすり

9、クッション

その他使用した工具:ハンマー、電動ドリル、電動ドライバー、電動やすり、電動のこぎり、タッカー等

天板2枚を接着しクッション材を両面テープで固定。意外にこの天板が重くて不安になる。こんな重い天板2枚だと安定感はあるだろうけど、気軽なスツールとしてはどうかしら・・・。

荒切りした生地を重ねて、軽く引っ張りながらタッカーで固定していく。これがかなりの重労働!握力が無くなってきたら交代を繰り返していく。皺をできるだけ出したくないのでタッカーの数も増える。

 

 

脚の接着。木工用ボンドを薄く塗りクランプで固定した。40本はなかなかの仕事量。クランプの数が24本だったので全部接着してしまうのに3日掛かった。薄くて貧弱なIKEAの脚も2本重ねればかなりのボリューム。しかしカーブ部分に隙間が出来た(これをデザインと思えば・・・まぁ良いか!)また、上下もズレが出てしまうのでカットすることに。カットの仕方もいろいろ試作(写真を撮ってPhotoShop上で)してみたが、シンプルに直角にカットするのが一番良かった。

 

 

 

既成のボルトが使えないので新たに木ネジ用の下穴を電動ドリルであける。最終的に一本に12本ほどねじ込んだ。1脚で48本かなり集中力が必要だった・・・疲れました。

 

いよいよ脚部の塗装。最初はスプレーで試みたが厚塗りが出来ないのとコストを考え刷毛塗りに変更。その分手作り感は高まった模様。

猛暑の中、事務所前でペイント作業です。

 

場所を移して富士山の秘密基地での作業。

オリジナルのメカニックパンツを履いてスタート!!

脚の先端は2段になっていたので直角に電動ノコギリでカットしてグラインダーで仕上げ。

木っ端が可愛い💕

 

ビール休憩♪

コーヒー休憩♪

クリアをスプレーで塗って乾燥。ハンモックの支柱にぶら下げました!

ワイン休憩♪

花火したり・・・・

MTB乗ったり!!!

合間にトレーラーハウスの床下から1998〜2001年くらいのJ SPORTSの自転車レース録画ビデオが200本くらい出てきた!生PANTANIが峠をアタックーー!!しています。当時のブラウン管の14インチのテレビで観るのが最高!!!

で、なんやかんやヴィンテージ色の強いPandaniらしいスツールが完成!!

とても999円のIKEYAの椅子には見えないかも!

塗りかけの脚もそのままそのまま・・・・。

好評だったジャージの生地を張った物。英字が多いとアメリカンな印象になってしまう。リネンは手触りも見た目も良い感じ。

スタッフのお気に入りは>>>チャボさん・リネンのストライプ生地、みーやん・ランパンダTシャツ生地、ウェンツ・ロードレース生地、ab・シーチング白2枚重ね、アルバイトのクランクくん・Death Beach・・・でした。

 

カテゴリー: Blog